この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

歯科選びの際に重要となる項目

どこの歯科でもブリッジ治療はできる?

そもそもブリッジ治療とは、永久歯が欠損した場所の両サイドの歯を削り、橋のように被せて繋ぎ、そこに人工の歯を固定する治療方法です。
ブリッジ治療自体は、一般歯科の科目に分類されるため、どの歯科でも治療を受けることはできますが、欠損した歯の両サイドに隣接する歯があることが、ブリッジ治療ができるか否かのポイントになります。
また、その両サイドの歯も、むし歯や歯周病になっていた場合は、その治療が優先され、治療が終わってから、ブリッジ治療ができる形になります。
ブリッジ治療自体は、殆どの歯科で対応可能ですが、腕前によっては、歯を多く削られてしまう、ブリッジの型が合わないなどの問題もあります。
まず、歯科選びの際には、ブリッジ治療も含めて、様々な治療の選択肢を提案されたか、それぞれのメリットデメリットなど詳しい説明が丁寧であったか、などが重要なポイントです。

見た目や出来栄えも重視したい場合

永久歯は乳歯と違って、失った場合、二度とそこに歯は生えてきません。
永久歯となった歯が、重度のむし歯や歯周病になった場合、その歯を取り除かなければなくなり、その歯は欠損歯となります。
1本だけなら無いままでも…と安易に考えるのは危険です。
歯は、上下ともに必要な本数が決まっており、それは、食べ物を咀嚼する為だけじゃなく、会話をしたりするときにも必要であるとされています。
そのため、欠けている状態が続くと、欠けている歯の両サイドの歯までもが、本来の役割を果たせなくなるので、欠損歯が出た場合、義歯は必要となりますが、やはりできるだけ目立たなくしたいと誰もが思うでしょう。
しかし、目立たない方法は、保険適用外になることも少なくありません。
それは、目立たなくするための特殊な材料や治療方法だからです。
ただ、費用面を重視するか、出来栄えを重視するかは、治療箇所のことも考えて、じっくり検討することが必要です。