この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

保険がきくものときかないものがあるのはなぜ?

一般的な歯科が行っている保険適用の治療

皆さんが、口腔内のトラブルがあった際や、定期的に通われている歯科でも、様々な治療科目があります。
むし歯や歯周病の治療や抜歯から義歯製作などの一般歯科、子どもを対象とした小児歯科、歯をきれいにしたり、定期的にメンテナンスを行うホワイトニングなどです。
歯科によっては、インプラント治療や、矯正歯科などの専門分野も治療可能な場合があります。
診療科目とは、その歯科でできる治療の範囲を表しているため、受診する前に、診療科目を確認してみると良いでしょう。
このように、歯科ごとに様々な治療科目がありますが、それら全てが保険適用となる治療とは限りません。
保険が適用となる治療には、保険で認められた方法や材料を使用した時だけと、内容や条件が決められているためです。
そのため、認められた方法でも、決められた材料以外を希望したりすると、保険適用外となるのです。

保険適用外となる治療とその特徴

上記でも説明しましたが、歯科治療の中には、保険適用外となる治療も存在します。
それは、保険で認められた方法または、材料を使用しなかった場合です。
歯科治療の中でも、保険適用外となる治療として代表的なのが、「インプラント治療」や「ホワイトニング」、そして「歯科矯正」です。
では、保険適用外となるものには、どのような特徴があるのでしょうか?
ホワイトニングは、その名の通り、歯を白くし、綺麗にすることが目的となる治療です。
歯科矯正に関しても、噛み合わせや歯並びを気にして、それを直すことが目的であるため、ホワイトニングと同様に、病気の治療というよりも、美容的要素が高いとされています。
インプラント治療に関しても、欠損した歯を義歯として作る方法の1つですが、入れ歯やブリッジと比べて、特殊な材料を使用するとともに、見た目としても実歯と変わらないことから、こちらも適用外となります。